洗顔後につっぱるとはどんな状態?原因や肌質にあった対策を紹介

洗顔後に顔がつっぱるのを何とかしたい

顔を洗った後に顔がなんだかパリパリとした感じになって、笑ったりするとつっぱる感じがするという方は多いのではないでしょうか?


私も結構洗顔をした後やお風呂上がりは、すぐに化粧水で保湿をしても、ちょっと口を大きく開けると顔の皮膚が引っ張られるような感じがしてとても嫌でした。


同じようにちゃんと化粧水や美容液でケアしているのに、どうしてつっぱってしまうんだろうと悩んでいる方もいるでしょう。


やっかいなのは、無意識のうちに間違った洗顔を行っているために水分が逃げやすい肌になってしまっていることが多いため、なかなか改善するのが難しいのです。


そこで、洗顔後に顔がつっぱるのを改善したい方に、顔がつっぱる原因や適切な対策について紹介したいと思います。


洗顔後につっぱると感じる原因

洗顔後はもちろん、その後にしっかり保湿をしてもすぐに顔がカピカピとしてつっぱる感じがでてしまうのはどうしてなのでしょうか?


原因を簡単に言うと


間違った洗顔方法が原因で肌の水分が蒸発しやすくなっている

ということなのです。


これはインナードライ肌ともいわれるもので、肌の表面を保湿しても内側の潤いが蒸発してしまうため、すぐに乾燥してしまうのです。


では、水分が蒸発しやすくなってしまう間違った洗顔方法とはどのようなものかというと


  • 強く擦りすぎ
  • 洗浄力が強すぎる
  • 熱いお湯を使っている

といったものです。


では、このような洗い方をすることで肌にどんな悪影響を与えてしまうのか詳しく説明しましょう。


強くこすりすぎ

肌は潤いを保持するために、皮膚の表面にある角質層の隙間をセラミドと呼ばれる脂質がフタのような働きをすることで、水分が逃げないような仕組みになっています。


でも、必要以上にこするような刺激を与え続けると、皮膚が傷ついたりターンオーバーが乱れたり、さらにセラミドが多く流出してしまったりするのです。


 もっと詳しく知りたい方はコチラ >洗顔はこすらないことが基本!間違った洗い方が乾燥肌などの原因に!


そのため、皮膚内部の水分が蒸発しすくなって、いくら保湿をしてもうるおいが逃げてすぐカサカサしたり、保湿の効果が感じられなくなってしまうのです。


洗浄力が強すぎる

また、強くこすっていなくても、使用している洗顔料やクレンジングの洗浄力が強すぎる場合も、セラミドが必要以上に流出してしまいます。


セラミドは脂質(油分)なので、皮脂や毛穴の汚れなどを分解する力のあるような強い洗浄力のものを使っていると、どうしても皮脂やメイクなどの油性の汚れとともに落ちてしまうのです。


また、乾燥肌気味の方はスクラブのようなものやピーリング効果のあるフルーツ酸などの成分が配合されているものも避けた方がいいでしょう。


セラミドが不足した肌は刺激にも敏感になるので、ちょっとした刺激で肌荒れなどの炎症を起こしたり、赤みを帯びたりするので極力肌への負担を少なくする必要があるのです。


ニキビや毛穴の汚れを改善するために良く落ちる洗顔料などを使いたくなってしまいますが、洗った後に顔がつっぱるならば、ちょっと洗浄力が強すぎるのかもしれないのであなたの肌質には適していない可能性があります。


熱いお湯を使っている

女性ではそれほど多くないと思うのですが、顔を洗った後に熱いお湯ですすいでしまっているという方はいませんか?


特にお風呂で洗顔をするときにありがちなのですが、顔を洗った後のすすぎの際に顔や頭を洗う時と同じ湯温のシャワーをかけてしまっている場合は注意が必要です。


クレンジングや洗顔後のすすぎは基本的にぬるま湯(体温以下)で行うものですが、季節や場所によっては浴室が冷えているので体を温めるために給湯温度を40℃などに設定することもありますよね。


そうすると、洗顔後もそのままの温度でシャワーを使用するため、無意識のうちに毎日熱いお湯を使ってすすぎを行ってしまうのです。


熱めのお湯の方が体は温まるので気持ちがいいのですが、湯温が高いほど皮脂やセラミドなどの油分も落ちやすくなってしまうし、皮膚が冷えた状態から急激に温めるとそれだけでも刺激になってしまうため、必要以上に熱いお湯を使うのは良くないのです。

つっぱるけどテカる方は注意

洗顔後に顔がつっぱるけど、皮脂の分泌も多いためすぐにテカリがひどくなるという方は結構多いのではないでしょうか?


そういった方ほど間違った洗い方をやってしまいがちなので注意が必要です。


基本的に先ほど説明したような間違った洗顔方法によって顔がつっぱりやすくなっている方は、皮膚が潤いを維持しようとして皮脂の分泌が多くなりがちです。


でも、皮脂が多いのは良くないからといって洗顔を頑張りすぎて、さらに症状を悪化させてしまうのです。


皮脂は落とすことも大切ですが、過剰に分泌しないような肌を作ることの方が大切なので、まずはつっぱらない肌を作るための対策を優先させて下さい。

洗顔後につっぱってしまう時に必要な対策

洗顔後にどうしても顔がつっぱってしまうという場合に、対策として実施すべきことは


  • 正しい洗顔方法の実践
  • 適切な保湿ケア

という2つのアプローチが大切になってきます。


肌を乾燥させる原因となっている間違った洗い方をやめるだけでなく、過剰な洗顔などにより失った油分をしっかりと補給して、水分の逃げやすい肌を作ることも必要なのです。


では、それぞれについて具体的な方法を説明しますので、日々のスキンケアに活用してみて下さい。


正しい洗顔方法の実践

正しい洗顔方法とはどのようなものかというと、間違った洗い方の反対なので


  • 極力こすらず優しく洗う
  • 程よい洗浄力のものを使う
  • すすぎはぬるま湯を使う

ということですね。


上記のうち下の2つはイメージできると思うのですが、「極力こすらず優しく洗う」にはどうしたらいいでしょうか?


力を入れないようにするだけでは不十分で、多少力加減を間違えても手と顔の皮膚同士の接触を避け、肌への刺激を緩和できるようにすることが重要です。


具体的には、「こすらず汚れを吸着する」または「刺激を緩和できるくらい弾力のある泡をたっぷりと使って洗う」という2種類の洗顔方法のどちらかを実践することが大切なのです。


こすらない、または豊富な泡を使った洗い方の詳細については以下の記事に詳しく書かれていますので、参考にしてみて下さい。


 >こすらないようにするための洗顔方法


適切な保湿ケア

顔を洗った後にたくさん化粧水を塗っているけどつっぱるという場合には、不足したセラミドをスキンケアで補う必要があります。


そのため、保湿力が高い化粧水や美容液ではなくて、セラミドが配合されていたり、皮膚のセラミド生成をサポートしてくれるような成分を配合したコスメを選ぶことが大切です。


多くの方が肌が乾燥すると化粧水でうるおいを与えたり、乳液などの油分でフタをすることばかりを実践しようとするのですが、うるおいが蒸発しにくい健康な皮膚を作るためのサポートをするようなケアをすることも忘れないようにしてください。


セラミドの重要性やおすすめのコスメについて詳しく知りたい方は、以下の記事で詳しく説明していますので参考にして下さいね。


 >化粧水が浸透しない!肌に染み込まないと感じる原因と必要な対策

トップへ戻る