顔をワントーンアップ!顔が暗い原因と明るく見せるための対策

顔をワントーンアップして明るい印象にしたい

しっかりメイクをしているつもりだけど、何となく肌がくすんでいて顔が暗い印象になってしまうから、ワントーンアップして明るくしたいと思っている女性は多いと思います。


顔のトーンアップをしようと考えたときに、真っ先にメイク方法や明るく見えるファンデーションなどでごまかそうと考えていませんか?


もちろんメイクによって顔をワントーン明るく見せることはできるのですが、メイクだけで無理に明るく見せようとするとどうしても不自然な感じになってしまうものです。


そのため、あなたの顔はどうして暗い印象を与えてしまうのか?という原因をしっかりと理解して、正しい対策を実践できるようにすることが大切です。


顔がくすんで暗く見える原因はたくさんあって人それぞれ必要な対策も違ってくるので、あなたが解決するべき問題を把握して、トーンアップした明るい表情を手に入れましょう。


顔が暗く見える原因

顔をワントーンアップする方法知る前に、まずあなたの肌が暗く見える原因をしっかりと把握することが大切です。


顔色がよくなると評判の良いファンデーションを何となく使ってみたけど、あまり効果を感じられなかったという方は、自分に当てはまりそうな原因を知るところから始めましょう。


一般的に顔が暗く見える原因として、以下のようなものが挙げられます。


  • 産毛
  • 血行不良
  • くすみ
  • シミ

このように顔が暗く見える原因は複数あるので、人によってワントーンアップさせるための方法も異なってくるということを覚えておいてください。


上記の4つ原因はどれも聞いたことがあるとは思いますが、それぞれどんな状態なのか簡単に説明しておきましょう。


産毛

まず注意してみてほしいのが、気づいていても意外とデメリットを認識しにくい産毛です。


接近して鏡をみえれば多少産毛が生えていることくらいは気づいていたと思いますが、実は産毛が顔をトーンダウンさせてしまうことがあるのをご存知ですか?


基本的に顔を明るく見せるには、血色がよく透明感があり、ムラが無いことが大切なのですが、顔にうっすらでも毛が生えているとどうしても肌色とは違う色が混ざってムラになり、暗く見えてしまいます。


しかも、産毛が多いとメイクのノリも悪くなってしまうので、なおさらトーンアップさせるのが難しくなってしまうのです。


血行不良

続いて多いのが血行不良で、血流が悪くなれば当然顔色が悪く見えてしまいます。


血流が悪くなると、顔全体が青白く見えたり目の下にクマができたりするため、なんとなく暗い印象を与えてしまいます。


しかも、血行不良のように顔全体の肌の色が悪くなると、メイクでごまかすのが非常に難しくなります。


どんなに優秀なファンデーションであっても、元々の顔の色は透けて見えてしまうので、完全に隠すことはできないのです。


また、どうして顔の血流が悪くなるかというと、寝不足するとクマが目立つことからもわかるように一番の要因は睡眠不足ですね。


実は睡眠中は体を休めるためにゆっくりとした血流にする必要があり、血管を拡張させるため、身体の隅々にまで血液が行き渡ります。


反対に起きている間は血流を早める必要があるので血管を収縮させるため、毛細血管などには血液が届きにくくなるのです。


そのため、睡眠時間が少ないと毛細血管の血液が滞って酸素が不足するため血液が変色して、顔色が悪く見えてしまうのです。


くすみ

顔のくすみも暗い印象を与えてしまう代表的なものですが、そもそもくすみがどのような理由で起こるがご存知ですか?


簡単に言うと、何となく濁ったように見える肌のことで、原因もいろいろです。


先ほど挙げた血行不良も、この次に説明するシミもくすみの原因の1つなのですが、くすみの最も大きな原因はターンオーバーの乱れでしょう。


私たちの皮膚の表面には角質層という肌を保護してくれる薄い膜が存在しています。


角質層が常に機能を失わないために、古くなると剥がれ落ち、新しいものと交換されるというサイクルを繰り返しています。


このサイクルをターンオーバーと呼ぶのですが、ターンオーバーは加齢や過剰なケアなどの影響でどんどん遅くなってしまうのです。


そうすると、古くなって乾燥した角質が皮膚の表面に残り続け厚みを増していくため、透明感が失われてくすみになり、暗い印象を与えてしまうのです。


シミ

最後は誰もが知っているシミですね。


シミは加齢によって現れるものと思われがちですが、日焼けなどによって発生したメラニン色素が排出されずに残ってしまったものなので、20代や30代といった比較的若い世代であっても気になる方もいるでしょう。


老人のように大きなシミが残ることはないと思いますが、そばかすのような細かいシミのようなものがあると、それだけで暗い印象になってしまいます。


30代くらいまでのシミは、くすみのところで説明したターンオーバーの遅れによって排出されずに残ってしまっている場合が多いので、日焼け止めなどによるUV対策でメラニン色素を予防することが大切です。

顔のワントーン明るくしたい方におすすめの方法

顔をワントーンアップするためには、基本的に先ほど説明したような顔が暗く見える原因になっているものを改善していくことが必要です。


具体的には


  • 血行改善
  • 顔脱毛
  • スキンケア
  • メイク方法

  • といったことが必要になりますね。


    では、それぞれ具体的にどのようなことをすべきか説明しますので、今できていないことがあれば日々の生活やスキンケアに取り入れて下さいね。


    血行改善

    顔色が悪いのはメイクでもスキンケアでも改善するのは難しいので、まず一番最初に改善すべきは血行不良です。


    そして、顔の血行不良を引き起こす一番の原因は睡眠不足なので、生活習慣の見直しをしっかりと行うことが大切です。


    質の良い睡眠は血色がよくなるだけでなく、この後に説明するターンオーバーの改善にとっても欠かせないものなので、普段から寝不足気味の方はぐっすり眠るだけでも顔のトーンアップが期待できます。


    睡眠の質を上げるポイントは、起床時刻も就寝時刻も毎日ある程度固定すること、そして身体が程よく疲労を感じていることです。


    深い眠りにつくためには体だけでなく自律神経が休んでいる必要があるのですが、自律神経は日々の生活リズムと同じペースでオンとオフの時間帯を記憶していきます。


    そのため、たくさん眠っているつもりでも、寝る時間がバラバラだと頭は寝ているけど体は完全に休んでいないため、睡眠の効果も薄くなってしまうので、生活リズムを整えることが大切なのです。


    また、運動をしてある程度疲労を感じていた方がぐっすりと眠れることは証明されていますし、運動自体に血行促進効果があるので、顔をワントーンアップしたいなら運動をするのもおすすめです。


    顔脱毛

    血色がよくなった後に確実にできることとしては、産毛を除去する顔脱毛でしょう。


    顔脱毛は専用キットなども売られていて簡単にできそうな気もしますが、肌を痛めて赤くなってしまったり、皮膚の表面を荒らしてしまって乾燥や粉吹きを起こしてしまって逆にムラができてしまう可能性もあります。


    ニキビなどのできものがあったり、乾燥肌や敏感肌のような刺激に弱い肌質の方は、独自の方法ではなく専門家に頼んだ方が、お金はかかりますが肌を傷めなくて済むのでトータルで損にはならないと思います。


    下手にケチって肌トラブルを増やしたり、より顔を暗く見せてしまうことがないように注意してくださいね。


    スキンケア

    血行不良を改善してさらに産毛の処理ができたら、くすみやシミをケアする必要があります。


    具体的にどのようなスキンケアをする必要があるかというと、


    • ターンオーバーの改善
    • 美白ケア

    の2つですね。


    ターンオーバーの改善

    原因のところでもお話ししたように、角質が厚みを増してくすンで見えるのも、メラニン色素が排出されずにシミのように見えるのもターンオーバーが遅れているからでした。


    そのため、スキンケアにおいてはターンオーバーの改善を第一に考えるべきです。


    では、ターンオーバーを改善するための具体的な方法として何をすべきかというと、「極力刺激をしないこと」です。


    加齢とともにターンオーバーがある程度遅くなってしまうのは仕方のないことですが、それ以外でターンオーバーが乱れる主な原因は睡眠不足と過剰なスキンケアでしょう。


    睡眠不足については血行改善のところで説明したので省略するとして、意外にやってしまうのがこの過剰なスキンケアです。


    例えば、古い角質を落とそうとしてゴシゴシこするように洗顔をしていたり、シミなどを隠すためにメイクを厚塗りにしているために洗浄力の強いクレンジングを使ったりしている方は注意が必要です。


    肌は過度の刺激を与えると、刺激を弱めようとして古い角質を残して皮膚を厚くしようとするため、過剰なスキンケアはターンオーバーを逆に遅らせてしまうのです。


    だから、くすみなどが気になっている場合には、まずクレンジングや洗顔時の刺激を徹底して減らすように心がけて下さい。


    美白ケア

    ターンオーバーの改善も必要なのですが、メラニン色素によるシミやくすみの対策として、併せて美白ケアも取り入れてみる効果的だと思います。


    美白ケア用の化粧品にもいろいろなものがありますが、おすすめなのはハイドロキノンを配合した化粧品です。


    一般的に美白成分と言われているものの多くは、メラニン色素の生成を防ぐ効果しかないので、あくまでも予防としての美白ケアです。


    でも、ハイドロキノンはすでにあるメラニン色素を薄くする効果が期待できる成分なので、もしもシミなどが原因で顔が暗く見えているのであれば、ハイドロキノンを配合した美容液なのを取り入れてみましょう。


    メイク方法

    最後にメイク方法です。


    顔をワントーンアップしようと考えたときにほとんどの方がメイクのやり方やファンデーションを替えてみようと考えますが、メイクをいくら頑張っても元々の肌の色がきれいでなければ効果を十分に発揮できません。


    そのため、血行を促進して産毛も処理し、シミやくすみのケアを実践しながら最後にワントーアップするためのメイクを実践することが大切です。


    顔を明るく見せるためのメイクの基本は透明感を出すことです。


    メイクに凝りすぎてしまうとどうしても自分では気づかないうちに、他人から見たら白塗りお化けになってしまうので注意してください。


    あくまでも隠すところはしっかりとカバーしてくれるけど、均一で透明感のある肌に見せてくれるようなメイクを意識することが大切です。


    そんな、しっかりカバーができつつ透明感のある肌を目指す方におすすめなのが神ファンデと言われているクリアエステヴェールです。


    クリアエステヴェールは、光の反射を利用してシミ・シワ・毛穴などをカバーしながらトーンアップを実現しつつ、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分がメイクをしている間に肌をしっかりケアしてくれます。


    さらに、UVカット効果まであるので嫌な部分をカバーしながら明るい印象にした方にぴったりです。


    全5色のサンプルがついて、さらに全額返金保証付きなので、肌の色に合うか心配な方や実際に使ってみないとわからないという方も安心して試すことができます。


    顔をワントーンアップするためには、基本的に素肌を綺麗にすることが最も大切であることを意識して、スキンケアやメイクなどあなたに合った改善策を上手に取り入れるようにしてみて下さい。

トップへ戻る