洗顔はこすらないことが基本!間違った洗い方が乾燥肌などの原因に!

洗顔時にこすらないようにしよう

洗顔をするときにゴシゴシとこすっている方は結構多いのではないでしょうか?


でも、必要以上に皮膚を摩擦すると、いろいろな肌トラブルを引き起こす原因にもなってしまう可能性があるのです。


今、無意識のうちにこするような間違った方法で顔を洗っている方は、洗顔方法を見直すことでニキビやくすみなどの症状を予防する効果も期待できるのです。


だから、今何となく実施している洗い方が正しいかどうか確認し修正できるようにするためも、擦ることのデメリットや正しい洗い方を実践するために必要なことなどを紹介しますので、参考にしてみて下さい。


すぐにおすすめの石鹸などを知りたい方は「こすらないようにするのにおすすめの洗顔料」へ移動してください。


洗顔をするときにこすらない方がいい理由

洗顔の際に擦らないようにした方がいいというのはほとんどの方が耳にしたことがあると思いますが、その理由をちゃんと理解していますか?


なんとなく肌に摩擦を加えると傷ついてしまうようなイメージがあると思いますが、そんな単純な話ではなく、乾燥肌や毛穴の黒ずみ、ニキビなどができやすい肌を作ってしまう可能性があるからなのです。


では、肌をこすることでどうしてこのようなトラブルの原因になってしまうのかというと


  • 角質を傷つけてしまう
  • 必要な油分まで流出してしまう
  • ターンオーバーが乱れる

といった悪影響を肌に与えてしまうからなのです。


それそれについて、どのように肌トラブルへとつながるのかも含めて詳しく説明していきましょう。


角質を傷つけてしまう

まず、ゴシゴシと力入れてこするような洗い方をしていると皮膚の一番外側にある角質層を傷つけてしまいます。


角質層というのは、たった0.02mmというとても薄い膜なのですが、美肌を維持するためにはとても大切なもの。


角質層が傷つくと、当然肌にツヤがなくなったり、表面がボロボロになるため顔に粉吹きのような白い跡が残って見た目がよくありません。


 >顔の粉ふきの原因と対処法としておすすめの化粧水を紹介


また、刺激によって炎症を起こし肌荒れなどにもつながるので、できるだけ刺激は避けるべきなのです。


見た目だけじゃなく、角質層の持つ水分を保持する機能やバリア機能まで失われてしまうので、この後お話しするような様々なトラブルへと発展してしまう可能性があるのです。


必要な油分まで流出してしまう

先ほど説明した皮膚表面にある角質層は、皮脂膜が存在して皮膚のうるおいを守ったり、肌を弱酸性に保ってくれているのですが、強い負担をかけるような洗い方をしていると、必要な皮脂まで取り除いてしまいます。


そうすると、肌が乾燥するのを防ごうとして皮脂が過剰に分泌して、テカリなどが目立つようになってしまうのです。


 >顔の皮脂が多い原因は?いらない皮脂対策に合ったスキンケア


また、角質層には皮脂だけなく、各視細胞同士の隙間を埋めている細胞間脂質(≒主にセラミド)というものがあり、この細胞間脂質が肌の内側の水分を逃がさないようにしてうるおいのある肌を維持しています。


でも、過剰な刺激によってこの細胞間脂質は減少し、水分が逃げやすい肌になってすぐにカサカサしたりつっぱたりするようになってしまうのです。


 >洗顔後につっぱるとはどんな状態?原因や肌質にあった対策を紹介


ターンオーバーが乱れる

また、強くこすることでターンオーバーが乱れてしまいます。


角質層は重要な役割を担っているので、その機能を維持するために、古くなると垢になって剥がれて新しいものと入れ替わるというサイクルを繰り返すことで機能を維持しています。


でも、ゴシゴシこするような刺激を繰り返していると、肌を刺激から守るために角質を厚くして対応しようとするのです。


そうなると古い角質も残しておく必要があるため、ターンオーバーのサイクルを乱して角質の厚みを増すのです。


そのため、肌に透明感がなくなったりなんとなくゴワついた肌になったりするのです。


 >ゴワゴワ肌を改善したい方必見!原因やおすすめの化粧水を解説


また、角質が厚くなるということは、毛穴の周囲の皮膚が厚みを増して穴を塞ぐような形になるため、毛穴が詰まりやすくなり、角栓やニキビへ発展してしまうこともあるのです。


だから、ニキビや角栓が気になる方は汚れを落とそうとして強く洗うのではなく、肌に優しい洗い方を実践するべきなんですね。


 >赤ニキビのケアに合った洗顔料のおすすめランキング


さらに、ターンオーバーが乱れると、日焼けなどによって発生したメラニン色素が残ってしまってシミのようになってしまうことがあります。


日焼けした後に皮がむけるのは、ターンオーバーによってダメージを受けた皮膚を輩出して新しいものと入れ替えるわけですが、その時一緒にメラニン色素も排出されて元の肌の色に戻ります。


でも、余計な刺激を加え続けてターンオーバーが乱れていると、メラニン色素が排出されずにシミのように残るので、透明感はなくなるし老けて見られるし、いいことが1つもないのです。

こすらないと垢が落ちないという勘違い

ここまで説明してきたように、基本的に洗顔をするときにはこすらないことが大切なのですが、やっぱりゴシゴシしないと汚れが落ちないと思っている方もいるでしょう。


でも、アカスリのように強くこすって初めて取れるのは、実は角質そのものだって知っていましたか?


先ほど説明したように、美肌を保つうえで欠かせない角質層は、古くなると垢となって剥がれます。


でも、基本的に毎日お風呂に入っているのであれば、こすらないと落ちないような汚れが残ることはありません。


逆にゴシゴシと摩擦してでてくる垢は、まだ役目を終えていない元気な角質も含まれているため、無理にに除去しない方がいいのです。


どうしても肌に優し洗い方では物足りないと感じる方は、洗う目的は垢(角質)を無理に除去することではなくて、皮脂やほこりなどを石鹸の泡を利用して分解するものだという意識を持つようにしてみて下さい。

こすらないようにするための洗顔方法

では、必要以上にこすらないような正しい洗顔方法を実施するにはどうしたらいいでしょうか?


ほとんどの方が、力を入れないように気を付けながら洗えばいいんじゃない?と考えると思いますが、それだけでは不十分です。


なぜなら力を入れていなくても、手と顔の皮膚が直接接触している状態で動かすと、どうしても強い刺激を与えてしまうことがあるからです。


そのため、物理的な刺激を減らすような洗い方が理想で、具体的な方法としては


  • 汚れを吸着する成分(泥や炭)を配合したもので洗う
  • 豊富な泡で洗う

というどちらかの方法が、もっとも簡単にできる方法なのです。


それぞれのやり方について具体的に説明しましょう。


汚れを吸着する成分(泥や炭)を配合したもので洗う

洗顔というとこするのが当たり前だと考えている方が多いと思いますが、実は摩擦をしなくても汚れを落とせる洗顔料があるってご存知ですか?


それは、一部の吸着する性質のある泥や炭などの成分を利用した洗顔料で、これらのものは洗う時にこすらずに馴染ませるように使用するので、肌をこする必要がほとんどありません。


だから、摩擦による肌へのデメリットを軽減することができるのです。


豊富な泡で洗う

そして、もう1つが豊富な泡を使って洗うという一般的な方法ですね。


こちらは確かにこするような手の動かし方をするのですが、泡が常に手のひらと顔の間に介在しているため、直接手と顔が触れ合うことなく洗顔をすることができるのです。


ただ、泡がたくさんあっても弾力のない泡だとすぐにつぶれてしまって、刺激を和らげる効果が期待できないので、必ず「弾力の泡」と「たくさん」作れる洗顔料を選ぶようにしてください。


いくらネットなどを使って泡を増やしても、弾力だけはどうにもならないので、テクニックよりも適切な洗顔料選びが大切になってきます。

こすらないようにするのにおすすめの洗顔料

こすらない洗顔方法を実践するため、どんな洗顔料を選んでいいか分からないという方の参考になるように、おすすめのものを紹介しておきましょう。


泥や炭の成分で汚れを吸着するタイプのものと、豊富な泡で摩擦を軽減するタイプをそれぞれ紹介しますので、好みに合わせて選んでみて下さい。

ビーグレン クレイウォッシュ

ビーグレンのクレイウォッシュは、モンモリロナイトというマイナスイオンを帯びた小さな泥の粒子の吸着力を利用した人気の洗顔料です。


こすらずしっかりと毛穴の汚れや皮脂まで吸着してくれるので、乾燥肌や敏感肌の方はもちろん、毛穴やニキビが気になる方にもぴったりのです。


肌に優しい洗顔を実践したいと思っている方には、まずビーグレンのクレイウォッシュで肌に優しい洗顔を体感してみて下さい。


クレイウォッシュに化粧水や美容液、クリームが1週間分セットになって1,800円、しかも365日返金保証付きなので肌に合うか心配な方でも安心して試すことがでます。


よかせっけん

弾力のある泡で優しく洗いたい方におすすめなのが、「然(しかり) よかせっけん」です。


15年以上にわたるロングセラー商品で、累計販売数2,500万個という驚異的な人気を誇る石鹸。


九州の火山灰から生まれた微細なシリカパウダーと豊富な泡によって、毛穴の汚れなどを優しく洗いあげることができます。


肌への優しさを徹底するために、無添加にこだわって職人が手作りし、品質を維持するために使用期限(開封前1年、開封後3ヵ月)まで決められているという徹底ぶり。


やっぱり洗顔はある程度ゴシゴシしないとダメという方は初回半額で購入できるので、よかせっけんの実力を実感してみて下さい。

トップへ戻る