顔の粉ふきの原因と対処法としておすすめの化粧水を紹介

顔の粉ふきをどうにかしたい

毎日しっかり保湿をしているのに、なぜか顔の粉ふきがひどくて困っているという方は多いのではないでしょうか?


顔に白い粉みたいなものが目立っていると何となく見た目も悪いし、かゆいし本当にうんざりしますよね。


私も一時期結構ひどい状態で、お風呂上がりにしばらくするとすぐに粉がふいてしまったり、外出時は隠そうとしてファンデーションを塗るとさらに目立つために悩んでいました。


対策として油分の多いニベアやクリームをべとべとに塗れば多少目立たなくなるけど、今度は皮脂でベタついてニキビができてしまうようなことを繰り返していました。


でも、原因をしって適切な対処をすれば、意外と短期間でも改善されるものです。


そこで、顔の粉ふきにどうにかしたいと思っている方に、原因や必要な対策方法について紹介しますので、一部だけでも日々のスキンケアの参考になったらうれしいです。


すぐにおすすめのコスメを知りたい方は「顔の粉ふきを改善するためのおすすめ化粧水」を参考にしてみて下さい。


顔の粉ふきの原因は?夏でも注意が必要

顔の粉ふきを改善するためにも、まずはどうして白い粉がでてきてしまうのかという原因を理解することが大切です。


何となく肌が乾燥していることが原因であるというイメージがあるため、冬などの空気の乾燥した季節だけの悩みだと思いがちですが、実は夏でも粉ふきに悩む方は多いのです。


なぜなら、


  • 日焼け
  • 古い角質
  • 潤い不足

といったことが原因であるため、季節に関係なく悩んでいる方が多いのです。


これらの原因がどうして顔の粉ふきを引き起こしてしまうのか、詳しく説明していきましょう。


日焼け

夏にも粉ふきに悩んでいる方も多いと思いますが、なぜ気温も湿度も高いのに肌が乾燥してしまうのでしょうか?


エアコンなどの影響もあるのですが、最も大きいのは日焼け(紫外線)の影響です。


紫外線は単に肌を黒くさせるだけでなく、皮膚の細胞を傷つけてしまいます。


そうすると、皮膚の持つ水分を保持する機能なども低下するため、乾燥しやすくなり、粉をふきやすくなるのです。


紫外線は夏だけでなく季節にかかわらず1年中降り注いでいるものなので、屋外にいることが多い方や車の運転が多い方も注意が必要です。


古い角質

皮膚の表面には角質層と呼ばれる薄い層があり、この角質層が肌の潤いを保持したりバリア機能としての働きをしています。


角質層は本来、ターンオーバーと呼ばれる再生サイクルによって古いものが剥がれて新しいものと入れ替わるというサイクルを繰り返すことで機能を維持しているのです。


でも、加齢や睡眠不足、間違ったスキンケアなどが原因でターンオーバーが乱れると、古い角質が残り続けてしまいます。


そうすると、古くなった角質は水分や油分も少なくなっているため、ちょっと擦っただけでも剥がれやすくなっているため、白く粉をふいたように目立ちやすくなるのです。


潤い不足

また、単純に潤いが不足している場合にも、角質層が乾燥して剥がれやすくなるため粉が吹きやすくなります。


潤い不足の原因は、


  • 洗いすぎ
  • 保湿が足りない

のどちらかが原因です。


洗い方に問題があったり、何となく汚れは落ちやすい方がいいという理由で洗浄力の強すぎる洗顔料やクレンジングなどを使用すると、汚れと一緒に必要な油分まで取り除いてしまうため、皮膚が乾燥しやすくなりますよね。


さらに洗う時に強くこするような刺激を与えていると、角質層がダメージを受けて剥がれ、白く皮がむけたような状態になってしまうのです。


だから、洗顔時には肌に余計な刺激を与えないように優しく洗うことが基本と言われているのです。


 詳しくはこちら >洗顔はこすらないことが基本!間違った洗い方が乾燥肌などの原因に!


また、単純に保湿が足りないことも乾燥の原因になります。


保湿不足と言っても、化粧水の量を増やせばいいという単純なものではなく、皮膚がうるおいを保持するために必要な油分を補えるような保湿を実践する必要があるのです(詳しくは後述します)。


ちゃんと保湿をしているつもりでも、間違ったやり方をしているために肌が乾燥してしまっている場合が多いので、今行っている保湿のやり方を根本的に見直してみることも大切なのです。

粉ふき対策として必要なスキンケア

顔の粉ふきの原因がわかれば、対策をするのは難しくないですよね。


では、具体的にどのような対策が必要になるかというと


  • 紫外線対策
  • ターンーオーバーの改善
  • 角質層を整える

という3つです。


原因を理解していれば当たり前のことですが、それぞれ簡単に紹介しましょう。


紫外線対策

最近は紫外線の有害性が多くの方に認識されているので、女性ならほとんどの方が紫外線対策をしているので問題ないと思います。


注意しなければいけないのは、冬場や室内であっても紫外線は入ってくるということです。


夏の照りつけるような紫外線は、雲やガラスを通ることができないのですが、夏も冬も1年中降り注いでいる紫外線は雲でもガラスでも通り抜けることができるので、室内や社内など知らないうちに影響を受けていることがあるのです。


だから、冬でも安心せずに外出時間が長い場合や室内でも日差しが当たる場合は、紫外線対策を忘れないようにして下さい。


ターンーオーバーの改善

顔の粉ふきを改善するためには、ターンオーバーの乱れを改善して、常に新しくて健康な角質が作られるような肌にすることが欠かせません。


ターンオーバーの改善に必要なこととしては、「睡眠」と「角質層を整える」(後述)ということです。

しっかり睡眠をとると肌の調子が良いと感じるのは、血行がよくなること、そして睡眠中にターンオーバーが行われるためです。

でも、ただ長く眠ればいいわけじゃなく、生活リズムがある程度整っていないと意味がありません。


ターンオーバーは深い睡眠(ノンレム睡眠)時に行われるのですが、深い睡眠をとるには体内時計に合った時間に睡眠をとらなくてはなりません。


そのため、日頃から体内時計と睡眠中の時間が一致するように生活リズムを整えるようにしましょう。


角質層を整える

最後に、顔の粉ふき対策として一番大事といってもいい角質層を整えるためのスキンケアを実践することが大切です。


角質層は正常な状態であれば、角質細胞同士がセラミド(または細胞間脂質)と呼ばれるものでつながれることで、水分の蒸発を抑えたりバリアとして機能しています。


でも、洗顔のやりすぎや生活リズムの乱れなどが原因でセラミドが少なくなると、角質層の持つ水分保持機能が低下して乾燥して剥がれやすくなってしまうのです。


そのため、粉がふいている角質を整えて正常な状態にするためにも、不足しているセラミドをスキンケアで補給して修復することが大切なのです。


30代になると、仕事や子育てで忙しくてなかなか規則正しい生活習慣を維持するのは難しくなるので、適切なスキンケアを実践して角質層を整えておくことが重要なのです。

顔の粉ふきを改善するためのおすすめ化粧水

顔の粉ふきを改善するために必要な対策としては、セラミドを補って角質層を整えることが大切だと言いました。


具体的にどのような化粧水や美容液などを使ったらいいかわからないという方におすすめのコスメを紹介しておきましょう。


もちろん、こちらで紹介したもの以外でもセラミドを補給することができるなら問題ないと思いますので、もしもどんな化粧水がいいかわらかない方は参考にしてみて下さいね。


ライースリペア

ライースリペアは、セラミドをただ補給するのではなく、肌がセラミドを生成する力を取り戻すサポートする成分を配合しているのが最大の特徴です。


国産米100%から作られ、肌が水分を保持する力を改善する効果が認めらたライスパワーエキスNo.11という成分を配合し、肌の表面だけに潤いを与えるような化粧水と違って内側にしっかりとうるおいを閉じ込めておく機能をサポートしてくれるのです。


ライスパワーNO.11を配合した化粧水、美容液、クリームを10日間試せて1,750円+税とお手頃価格なので、今までちゃんと化粧水で保湿をしているのにすぐに顔の粉ふきが目立ってしまったという方は試してみる価値があると思います。


リ・ダーマラボ モイストゲルプラス

リ・ダーマラボモイストゲルプラスは、美容皮膚科医が監修したセラミド配合のオールインワンゲルです。


セラミドを配合したコスメはたくさんありますが、セラミドの中でも人間の皮膚に含まれるものに一番近いヒト型セラミドを配合しています。


また、ターンオーバーをサポートするEGFやFGFといったエイジングケアにピッタリの成分を配合しているので、年齢とともに粉ふきが眼立ち始めた方におすすめです。


洗顔後のケアはこれ一本で済ませることができるので、子供が小さくてお風呂上がりのケアができない、朝のスキンケアを効率よく済ませたいというワーママにもぴったり。


1ヵ月分で通常4,572円のところ、初回の方は50%OFFの2,286円(税抜)でさらに14日間の返金保証がついてくるので安心して試すことができます。

応急処置として一時的な対処法

ここまで説明してきたように、顔の粉ふきを改善するためには、ある程度時間をかけて角質層を整えていく必要があります。


でも、乾燥がひどくてメイクをしてもお昼前には粉がふいて嫌だという方は、応急処置的な方法はないかと困っているでしょう。


そういった時には、一時的な対処法としてニベアやワセリンのような油分を多く含んだクリーム状のものを塗ってみて下さい。


乾燥して荒れた角質層を油分で保護することで、白くなった状態を目立たなくすることができるでしょう。


でも、ニベアもワセリンもあくまで一時的に油分で皮膚の表面を保護するだけで水分を補給することはできないので、あくまでも応急処置として捉えて、適切なスキンケアを実践することも忘れないでください。

トップへ戻る